前章では,Cの延長としての使い方に限定して,すぐにでも使える内容を解説しました.本章では,C++の最大の特徴である「クラス」について詳しく解説します.前章と本章の内容を理解できれば,C++の言語仕様についてひととおり把握したことになります.よくC++の仕様は膨大だといわれますが,その大部分はライブラリに関する仕様です.組込み開発の場合,C++の標準ライブラリのうち,実際に使用できるものは限られるので,基本的な言語仕様さえ把握できれば,C++を使いこなすための材料が揃ったと考えてもよいでしょう.